読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の読書日記 

印象に残った本や面白いと思ったことを皆さんに紹介する

にほんブログ村 本ブログへ
本・書籍 ブログランキングへ 良かったら毎日押して応援お願いします!!!押してくださったら私はとても嬉しいです 。

『イン・ザ・プール』 奥田英朗

こんにちは、こんばんわ。宮脇です。今日は奥田英朗著『イン・ザ・プール』を紹介したいと思います。これまでに私はそれなりにたくさん小説を読んできました。だからそれなりに小説業界の有名な方の本は読んでいたのですが、今回紹介する本は手に取るまで知…

『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』 河野英太郎

こんにちは、こんばんわ。宮脇です。今日は河野英太郎著『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』を紹介したいと思います。この本は7つの場面で考えておきたいことを簡潔にそしてわかりやすく書かれています。この本は有名な作品なのでご存じの方も…

『友情』 武者小路実篤

こんにちは、こんばんわ。宮脇です。今日もおすすめの本を紹介したいと思います。といいますか今日は3冊目の紹介となりました。今日は本当にいい日になりました。気に入った本が一日に3冊も見つかるなんて本当に幸運です。しかも今回紹介する『友情』は私が…

『レバレッジ勉強法』 本田直之

こんにちは、こんばんわ。宮脇です。今日もおすすめの本を紹介したいと思います。私は基本的に本を買うときには何かの賞をとったものである素晴らしい作品だと著名な方が評価した作品と無名だけどなんか読んだほうがいいような気がしたものを直感的に選んで…

『非属の才能』紹介

こんにちは、こんばんわ。宮脇です。今日はおすすめの本を紹介したいと思います。今日紹介する本は『非属の才能』です。著者は山田玲司です。この『非属の才能』という本は才能ある人がどのような世間の扱いを受けてきたのかまたそれをどのようにして戦って…

『「学び」を「お金」に変える技術』 井上裕介

こんにちは、こんばんわ。宮脇です。今回は久しぶりにおすすめの本紹介をします。そもそもブログを更新するのも2週間ぶりくらいです。もし楽しみにしていた方には本当に申し訳ありませんでした。本紹介に戻ります。今回紹介する本は『「学び」をお金に変える…

挑戦することによる失敗と成功

こんにちは、こんばんわ。早速ですが、私は挑戦という言葉が好きです。そう言うと批難する方がほとんどなのかなと思います。私は今まで約20年間の人生でやりたいことを我慢して生きてきました。なぜなら挑戦したいと思ったとしても親から反対されたり、した…

『嫌われる勇気』 岸見 一郎  古賀 史健

内容 本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに…

才能のある人は邪険に扱われる

強者といいますか才能のある(自分の才能が分かった)人はどうしても周りから邪険に扱われます。それは仕方がありません。昔からそれは当然のようにあったことです。自分よりもかなり優れた存在を見て足を引っ張りたいと考えない人は多くはありません。どう…

素直に謝ることができない人

自分が100%悪いことは誰の目にも明らかなのに、意地を張って謝ることができない人が日本にはたくさんいます。そのような人は謝ることが負けだとか恥ずかしいことだと考えているのでしょうか。それよりはむしろ自分のしたことのけじめをちゃんとつけられない…

SNSは時間の浪費か

私はSNSとしてツイッターとLINEを使っているのですが、ほんとに便利な世の中だなと感じていいます。ボタン一つで世界中の誰とでも繋がることができる。ほんとにすごい世の中になりました。しかし、私は多くの人(私も)がSNSを使いこなせていないと感じてい…

鼻毛カッター ER-GN10

今日紹介する商品は「ER-GN10」というpanasonic社の製品の鼻毛カッターです。鼻毛カッターと言っても鼻毛を切るためだけでなく眉毛を整えたりと多機能な製品です。なぜこの商品を買おうと思ったかといいますと、私は鼻毛が出ている人をよく見ていて、私も気…

6月の目標

勝手ながら私の6月の目標を書きたいと思います。毎月目標を考えているのですが、どうしても甘えが入ってしまい、来月に伸ばしたりしてしまって目標が達成できませんでした。だから私はブログとして記事にすることで自分追い込もうと考えました。正直これは…

友達の友達は友達になりやすい

「題名を見てこいつは何を言っているんだ」と思った事でしょう。説明します。私の友達(ここでの友達は遠慮することなく本音を言うことができる人を指します)は私とほとんど似たような性格の持ち主です。そう考えてみると私の友達同士も似たような考えを持…

他人を盲目的に信頼することの怖さ

昔から世の中には他人のことを両親や兄弟、親戚よりも盲目的に信頼している人がいます。「この人が言っていることだから間違っているはずがない」とか「この人に付いて行けば自分は大丈夫だ」と考え込んでいる人を見ると大丈夫かなと思ってしまいます。何故…

夜遅くまで勉強する同級生

私は23時に大学にいたのですが、この時間まで勉強する大学生がたくさんいました。遊んでいるわけではありません。集中して勉強していました。言葉が違うのかもしれませんが、その生徒たちを見て、私は身が引き締まるような気分でした。私はかなり勉強してい…

大学生がアルバイトをすることに関して

私は現在大学生ですが、アルバイトをしていません。こんなことを言うと、みなさんは私の事を怒ることでしょう。しかし少し考えて欲しいです。両親に高額のお金を出してもらって大学に行かしてもらっているのに勉学に励むのではなくアルバイトをすることはそ…

意識が高い?とは

今日私は自分が選ばれた人間で他の人とは違うと思い込んでいる同じ大学で同じ年齢の人に出会い、そして話し合いをしました。自分は他の人ができないことをするために生まれたのであって、あいつらとは違うと言っていました。思い上がりがすごすぎるなと私は…

フットワークの軽いほうが良い?

私はあまりフットワークが軽い方ではないので、あまり外に出ることも少なくイベントなどにもあまり行きません。行こうと思っていてもイベントの日程が近くなって来ると決心が鈍って、めんどくさいと感じてしまい、やっぱりいいやと思っていしまいます。イベ…

かっこいい

よくストリートライブをしている人を最近よく見るようになりました。なぜならなんかかっこいいなと最近感じ始めたからです。少し前までは足を止めることなく見ることもなく素通りしていたのですが、今日道でダンスをしている人がきっかけでその考えを改めさ…

キラキラネームについて

2000年台に入ってから自分の子供に他の人達が読めない名前。俗にいうキラキラネームをつける親が増えてきているそうです。何を思って親は子どもたちにそのような名前をつけようと考えたのか。私にはわかりません。とくにわかりたいとは思いませんが。強…

『美丘』 石田衣良

内容(amazonさんから抜粋) 美丘、きみは流れ星のように自分を削り輝き続けた…平凡な大学生活を送っていた太一の前に突然現れた問題児。大学の準ミスとつきあっていた太一は、強烈な個性と奔放な行動力をもつ美丘に急速に魅かれていく。だが障害を乗り越え…

友達

あなたには仲が悪いけど友だちと言える存在がいますか?ほとんどの方はいないと答えると思います。それは友人ではないと考えている人も中にはいるかもしれません。友達というものは仲が良くなくてはいけないのでしょうか。私は違う考え方を持っています。友…

適時適所

適材適所は本当に大事です。全く適正がないところで何かの活動を行ったとしても全く業績を残せないですし、活動をする方も全く楽しくありません。させる方もする方も全くメリットがありません。ではどうやって人の適所を探すことができるのか。それは普通の…

空気を読む

私は自分で言うとあれですが空気を読むのが得意だと思っています。周りからは空気を読むのが下手だと思われている可能性も十分ありますが。ここで私が思ったことは、空気を読み過ぎるのもそれはそれであまり良くないことなのかなと感じました。なぜなら空気…

小説の結末

私は小説を読むときにどうしても小説の結末がハッピーエンドで終わってくれないと納得出来ない癖があります。小説をかなりの数を読んでいる上級者?は結末は悲しい方がその作品の評価は高いと評価するという話を聞いたことがあります。そう考えると私はまだ…

つまらない(面白くない)人間

今日は愚痴です。気分を害する可能性があります。見ないほうがいいかもしれません。 今日は友だちだった人(その時は友達だと思っていた)と話していた時、その人がくだらない人間であることがわかりました。なぜかといいますと、「周りと少しでも違うことは…

『海賊とよばれた男 上・下』百田尚樹

内容(amazonさんから抜粋) 上 一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、…

理想の結婚相手について

私はまだ大学生なのでそこまで「結婚」というものにあまり興味がありません。しかし結婚におけるに理想の相手というものを少しだけ考えてみました。当然ですが、理想の相手というものは人それぞれです。優しい人がいいという人もいれば自分を叱ってくれる人…

大学生の人間関係について

私は地元ではない大学に通っていて、大学に入ってから少しの友人を作りました。しかしどうしても壁を感じてしまいます。深いところまで話していいのかどうかをつい考えてしまう時があります。他の大学生はどのような感じなのでしょうか。私と似たような感じ…

大学生の貯金について

現代の多くの学生がバイトでためたお金を貯金をしているそうです。しかも、留学資金をためているとか趣味に使うとかといったような特定の理由はないそうです。 私は学生が将来お金を使わないのになぜ貯める必要があるのか少し考えてみました。ここで貯金をし…

若者言葉について思ったこと

私は他の大学生の話を無意識のうちに聞き取ってしまう癖があります。改善したいと思っているのですがなかなか治りません。人の声が多い時にはあまり集中できない性格の人間です。そこで、私は周りのそれぞれの友達と談笑している人たちの話を聞いていると思…

即行動の大切さ

早速ですが、人はいつ死ぬのかわかりません。それは昔から今まで変わることのない真理です。しかしそれをわかっていないひとが多いようです。どういうことかといいますといろんなことを後回しにしてしまう人がそうです。後回しにしてそれをする前にできなく…

幸せとは

皆さんは今幸せですか?「心から幸せです」といえますか?言える人は本当に幸せな人です。毎日を楽しく精一杯過ごしてください。しかし幸せと感じていない人のほうが多数のはずです。現代は「幸せ」を感じにくい世の中になっているからです。ところで「幸せ…

読書の大切さ

私は基本的には一日一冊の読書を日課としています。本当に忙しい時以外は必ず一冊は読むようにしています。 ところで、近頃の人たちは読書離れが多いそうです。大学生は月に一冊読めば多いという事を聞いて私は信じられませんでした。それはなぜなのでしょう…

期待という「のろい」

私という人間は何か突出した能力があるわけでも、頭が良い訳ではありませんでしたので、あまり期待されることはあまりありませんでした。それは今思うと悪いことだけではないのかなと考える事が多くなりました。世間の期待や親の期待などを背負って生きてく…

好きな言葉

私が大好きな言葉を皆さんに紹介します。それは「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」です。この言葉の意味は簡単に紹介すると「大きなグループのいつの歯車になるよりかは小さなグループの中心になりなさい」ということです。なぜこの言葉が好きなのかというと…

本当の大学生とは

私は現在大学1年生ですが、周りの大学生を見てみると大学生の本分である「学問」をしていないように思います。私があまり学力が高い大学に行っていないからなのでしょうか?いや、そうではないと感じています。昔の大学生よりも今の大学生は「学問」をして…

学歴コンプと呼ばれるものについて

私は現在、大学生なのですが、なんとか「学歴コンプ」はありません。私の通っている大学は中堅大学とよれている大学なので周りには「学歴コンプ」と呼ばれるような大学生が少なからずいます。確かに自分の学歴に後ろめたさ?のようなものを感じてしまうのは…

親友とは

私には友だちがいます。しかし、親友ではありません。なぜかといますとその友達が立派なことや素晴らしいことをした時に私は心から純粋に賞賛することができないからです。妬んだりしてしまうことが多くあります。私は昔からよく人のことを妬んだりしていま…

大多数に流されてしまっている人に

「就活生などが大企業に絶対に就職する」とよくいっていますが、私は大企業がそこまですごいのかと疑問に感じました。確かに福利厚生は大企業が優れているのは確かです。そして給料も高いのでしょう。しかし、少し目線を変えてほしいなと思います。中小企業…

昔に囚われている人に

ツイッターとかを見ていると昔に戻りたいとか全然楽しくないとか言っている人をとても多く見かけます。確かに昔のほうが今より楽しかったと思うことは当然なると思います。しかし、そのような考えで今を生きていると、今を楽しもうとする事を忘れてしまって…

尊敬できる人に出会いたい

自分には心から尊敬することができる人がいないと考えてしまった。今まで20年か生きてきましたが、すごい人だなと感じる人は何人かはいましたが、心から尊敬できるかと聞かれたら、即答できる人はいません。なんか切ないなと感じてしまいました。これから…

『読むだけですっきりわかる世界史古代編ピラミッドから「三国志」まで』後藤武士

内容(amazonさんから抜粋) 『読むだけ』シリーズ初の、全4巻でお届けする世界史。第一巻目は古代編。人類の誕生から中国の三国時代、南北朝まで、ずいっと、一挙に読んでしまおう。450万年前から紀元550年までの時空の旅だ。途中、ネアンデルタール…

『20代の心構えが奇跡を生む』 千田琢哉

内容(amazonさんから抜粋) 雑用に命をかけろ。アイデアは他人より一桁多く出すなど同僚、先輩に圧倒的な差をつける考え方と行動を指南。 筆者情報(amazonさんから抜粋) 千田琢哉 次代創造館代表。イノベーション・クリエイター。愛知県犬山市生まれ、岐…

『レバレッジ人脈術』 本田直之

内容(amazonさんから抜粋) 最小の労力で、関わった人のすべてが最大の成果を生む「人脈術」「『レバレッジ・リーディング』で、私は『本を読まないビジネスマンは成功しない』と強調しました。しかし、もっと重要なものが人脈です。人脈のないビジネスマン…

『朝9時までの「超』仕事術』 見田村元宣

内容(amazonさんから抜粋) 始業前に仕事はすべて片付けると、“年収”と“人脈”が3倍になる!!本書では、朝4時起きの税理士が、早朝3時間を最も有効に使うノウハウを大公開します!“早朝3時間活用”を続けることで、☆年収と人脈が3倍になるだけでなく、☆インプッ…

『横道世之介』 吉田修一

内容(amazonさんから抜粋) 大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラとの出会い…。誰の人生にも温かな光を…

『楽園のカンヴァス』 原田ハマ

内容(amazonさんから抜粋) 二ューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を…

『幸せのメカニズム』 前野隆司

内容(amazonさんから抜粋) 幸せはコントロールできる!脳・ロボット学者が解き明かす、そのしくみ。個人の幸福追求、幸せにつながるビジネスのために。人類にとって役に立つ、学問としての体系的幸福学。 筆者情報(amazonさんから抜粋) 前野隆司山口県生…

東野圭吾特集 人気シリーズ勢ぞろい!古本市場オンライン