読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の読書日記 

印象に残った本や面白いと思ったことを皆さんに紹介する

にほんブログ村 本ブログへ
本・書籍 ブログランキングへ 良かったら毎日押して応援お願いします!!!押してくださったら私はとても嬉しいです 。

『横道世之介』 吉田修一

 内容(amazonさんから抜粋)

 大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラとの出会い…。誰の人生にも温かな光を灯す、青春小説の金字塔。第7回本屋大賞第3位に選ばれた、柴田錬三郎賞受賞作。

筆者情報(amazonさんから抜粋)

 吉田修一
 1968年生まれ。高校まで長崎で過ごし上京。法政大学経営学部卒業。97年、「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞。同作が芥川賞候補作となる。2002年、『パレード』で第15回山本周五郎賞、「パーク・ライフ」で第127回芥川賞、2007年、『悪人』で第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞、2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

私の感想

 今日紹介する本は吉田修一作『横道世之介』です。この本は2010年の

本屋大賞にノミネートされていたり、テレビでも何度も紹介されたことの

ある作品です。この本を読むことになったきっかけは私に友人が面白いと言って紹介してくれましたことでした。それを受けて私はこの本を読んでみましたが、私がこれまで読んできた小説の中でもこんなにも面白いと感じた作品はめったにありませんでした。何度読んでも飽きることがないように工夫されており、いたるところに作者吉田氏の文章力が見え隠れしています。とても読みやすくて内容がわかりやすくて、作中に迷うことがなく、あっさりした小説を求めている人におすすめです。

東野圭吾特集 人気シリーズ勢ぞろい!古本市場オンライン