読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の読書日記 

印象に残った本や面白いと思ったことを皆さんに紹介する

にほんブログ村 本ブログへ
本・書籍 ブログランキングへ 良かったら毎日押して応援お願いします!!!押してくださったら私はとても嬉しいです 。

小説の結末

日記

 私は小説を読むときにどうしても小説の結末がハッピーエンドで終わってくれないと納得出来ない癖があります。小説をかなりの数を読んでいる上級者?は結末は悲しい方がその作品の評価は高いと評価するという話を聞いたことがあります。そう考えると私はまだ全然上級者の足元にも及ばない事になります。私はまだまだ初級者です。

 確かに悲しい終わり方の本を読むと印象に残っていて忘れにくいという点は私にも理解できます。私もそれなりの数の小説を読んできましたが内容を覚えている小説は明らかに悲しい終わり方をした小説です。しかし、どうしても読了後にあと後味が悪いといいますかあまりいい感じで読み終えることができません。

 もっと小説を読んでいくと悲しい終わり方をした小説が最高という様な考え方に至るのでしょうか。それも楽しみにもっと小説を読んでいきたいなと思いました。

東野圭吾特集 人気シリーズ勢ぞろい!古本市場オンライン