読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の読書日記 

印象に残った本や面白いと思ったことを皆さんに紹介する

にほんブログ村 本ブログへ
本・書籍 ブログランキングへ 良かったら毎日押して応援お願いします!!!押してくださったら私はとても嬉しいです 。

キラキラネームについて

 2000年台に入ってから自分の子供に他の人達が読めない名前。俗にいうキラキラネームをつける親が増えてきているそうです。何を思って親は子どもたちにそのような名前をつけようと考えたのか。私にはわかりません。とくにわかりたいとは思いませんが。強いて考えるなら、他の子どもたちとの差別化を図ろうと考えたのでしょうか、それとも好きなアニメのキャラクターにあやかってつけたのでしょうか。また好きなアイドルや俳優の名前をつけるのでしょうか。親は楽しいでしょうが、子供はどう思うのでしょうか。そのせいでみんなからからかわれる人は必ずいます。姓は変わることもありますが、名前は基本的には一生変えることはありません。主観になりますが。ちっちゃい頃はいいでしょうが、中学生や高校生になり自我がちゃんと出てきて善悪がわかるようになった時(その年になっても善悪が区別できない人間もいますが)に私だったら絶対嫌で名前を変えたいと親に懇願することでしょう。しかし直接親に面と向かって言うことがためらわれるので、その不満がどんどん誰にも言えなくて積もっていく。その不満はどこに行くのでしょうか。心配です。

 私は近頃の親の常識を疑ってしまいます。最近その存在が有名になりだしたのですから、昔はこんなキラキラネームというものは存在しなかったはずです。多分そのような名前をつけるという考えさえもなかったことでしょう。キラキラネームをつけられてしまった子供は悪くありません。つけた親が全て悪いのです。まあ、その名前を子供が気に入っているのなら全く問題はありません。

 最後に日本人の常識も落ちてきたのかなと感じた一件でした。このまま行くとどうなるのか本当に怖くてしょうがありません。

東野圭吾特集 人気シリーズ勢ぞろい!古本市場オンライン