読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の読書日記 

印象に残った本や面白いと思ったことを皆さんに紹介する

にほんブログ村 本ブログへ
本・書籍 ブログランキングへ 良かったら毎日押して応援お願いします!!!押してくださったら私はとても嬉しいです 。

『嫌われる勇気』 岸見 一郎  古賀 史健

内容

 本書は、フロイトユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。

 

著者情報

 岸見/一郎
 哲学者。1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの“青年”のカウンセリングを行う。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問

 古賀/史健
 フリーランスライター。1973年生まれ。書籍のライティング(聞き書きスタイルの執筆)を専門とし、ビジネス書やノンフィクションで数多くのベストセラーを手掛ける。インタビュー原稿にも定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

私の感想

 私はかなり自己啓発家の本が好きで、読んでいると「自分は良い方向に変わることができる」と「夢を見ることができる」と考えることができるからです。しかし多くのことが読んだだけで実際にやってみたことがある考え方は数えるほどしかありません。みなさんはどうでしょうか。いいなと思った考え方などを即座に実践することができますか。できる方は意志が強い方なのでしょう。本当に羨ましいです。私は今回も自己啓発系(この本は自己啓発自己啓発というと怒られるかもしれませんが)でとても素晴らしい評価を受けているこの本を読むことにしました。結果から言いますと本当に内容のある考えさせられる本だと思いました。私が読んできた様々な自己啓発系の本の中でもこれほど自分の考え方を改めさせる本はありません。書かれている内容のことを実践しようと考えることなく実践せざるを得ないほど巧みに自己啓発が書かれてありまして、著者さんはとても文才があると思ったと同時にアドラーさんの考え方をもっと勉強していきたいと思えました。

 これまでにたくさんの自己啓発を読んできた人や初めて自己啓発を読もうと考えている方、どちらにも必ず何かを見つけることができる名作です。読む価値は絶対にあります。保証します。以上です。読んでくださってありがとうございました。

 

東野圭吾特集 人気シリーズ勢ぞろい!古本市場オンライン